株主優待オススメガイドは株主優待の全てがわかるガイドサイトです。当サイトで自分に合った株主優待をみつけましょう!

株主優待を理解しよう

  • TOP
  • 株主優待を理解しよう

まずは「株主優待とは何か?」「株主優待を貰う手順」「株主優待の選び方」など、株主優待に対する理解を深めましょう!

株主優待とは

株主優待とは企業が一定数以上の自社株式を「権利確定日」に保有していた株主に与える優待制度のこと。

かんたんにいえば年に1〜2回、企業から株主に送られる「プレゼント」です。

株主優待実施に対する法的な義務はないので、株主優待制度のない企業もたくさんありますが、

株主優待制度を導入する企業は年々増えてきており、90年代始めには200社程度だった株主優待導入企業が、現在では1100社以上。

優待内容も企業によってさまざまなものがありますので「企業ごとのいろいろなプレゼントを選んで貰える楽しさ」を味わえるのが、株主優待の大きな魅力です。

株主優待を貰う手順

株主優待を貰う為には、該当する企業が定める「権利確定日」の3営業日前「権利付き最終日」に当該銘柄を保有しておく必要があります。

極端な話になりますが、この「権利付き最終日」に株を買って、翌日の「権利落ち日」に株を売ってしまっても株主優待はしっかり貰えます。

権利月最終日に該当する株を規定数以上保有していれば多くの場合、数か月後に自宅に株主優待が直接届きます。自分で株主優待を選べる場合(カタログなど)は、はがきの返送などの対応が必要なこともあります。


※「権利確定日」「権利付き最終日」「権利落ち日」について

株式は購入してから株主名簿に記載されるまでに3営業日の期間が必要です。その為、株主優待を貰う為には「権利確定日」の3営業日前である「権利付き最終日」までに株を買っておく必要があります。

また、権利月最終日の翌日のことを「権利落ち日」といいます。権利落ち日には多くの場合、株価が下落する傾向にあるので注意しておきましょう。

株主優待を探そう!

効率よく自分に合った株主優待を探すなら、当サイトをご活用下さい!

現在、株主優待制度を導入している企業は1000社以上あり、全ての株主優待導入企業をチェックするのはすごく大変です。

当サイトのコンテンツ「月別の株主優待利回りランキング」は一目で「優待利回りの良い銘柄」を探せてとっても便利です。

また、株主優待は金額に換算できないものも沢山あります。(「自社製品の〜%割引券」や「お米〜kg」など)

そういった銘柄は利回りランキングには表示されませんが、中でも人気がありオススメの株主優待銘柄は「月別オススメ株主優待」でご紹介しています。

また株主優待検索では、優待内容のカテゴリや、権利確定月、最低必要金額などで条件を絞り込めますので、自由に自分にあった株主優待を探すこともできます。

当サイトを最大限活用して賢く株主優待を獲得しましょう!

株主優待はいらない!「兎に角稼ぎたい!」という人は

株主優待は企業の特色によって実にさまざまな内容があり、自分に合った株主優待を貰うのも大きな魅力です。しかし、せっかく株主優待を貰えても株価自体が下落してしまっては本末転倒ですよね。

特に株主優待銘柄は権利落ち日には株価が下落してしまう傾向にある為、デイトレードやスイングトレードなどの短期スタンスで「株主優待とキャピタルゲインをダブルで獲得!」というのはなかなか難しいものです。

そこで『株主優待はいらない。とにかく稼ぎたい!』『キャピタルゲイン(差益)で稼げればそれでいい!』という投資家は投資顧問会社を活用してみてはいかがでしょうか。

投資顧問会社というと「料金が高いのでは?」など、ちょっと敷居が高いように思われがちですが、実はそんなことはありません。

中には「無料で活用できる投資顧問」もありますし、優良投資顧問に限れば無料で大きく値上がりした銘柄実績も沢山あります。

但し、投資顧問会社は優良から悪徳までピンキリです。選ぶ際には細心の注意を払って下さい。

まず最低限の要件として次の3点を確認しましょう。


①財政局への登録をしているか

こちらは大前提のチェック項目です。投資顧問業として投資助言できるのは金融庁より登録・認可された業者のみです。実際には、この登録・認可を受けていない業者が多数ありますので気を付けましょう。登録・認可を受けている業者はサイトのわかりやすい位置に「〇○財務局長(金商)第○○○○号」といった登録番号が記載されています。

この番号が記載されていなければ、未登録の業者とみてほぼ間違いありません。未登録の業者は利用しないのが無難です。


②誇大広告や確定的な表記をしていないか

投資顧問業では「絶対儲かる」「必ず勝てる」などの確定的・断定的判断による勧誘は禁止されています。オイシイ話を強調し、極端に甘い勧誘文句で営業する投資顧問には注意した方がよいでしょう。


③無料登録が可能か

いくら評判がよくてもいきなり有料では敷居が高いですよね。まずは無料登録が可能な投資顧問を選ぶのが無難です。まずは無料情報などでしっかりサイトの実力を確認し、ご自身で納得されてから有料情報を利用するようにすれば格段に失敗のリスクは減ります。


これらの条件を踏まえたうえで当サイトがオススメする投資顧問はコチラ!もちろん無料登録が可能ですのでまずは無料で試してみて、自分のスタンスに合うかどうかをチェックしてみましょう。

ページTOP